香りの効果で能力&健康UP!

0

     

    <第202号>

     

    こんにちはニコッ

     

    静岡駅前教室です♪

     

    今朝、静岡市中心部の公園の横を通ったら、

    早くもイルミネーションきらきらの飾り付けの準備がされていました・・・

    (まだ、ハロウィンハロウィンも終わってないのに汗

     

    こうして、だんだんに冬になっていくのね・・・冬

    onpu03冬が来る前に〜 もう一度あの人と〜 …って古〜い歌を思い出したアセアセ

     

    そんな今日この頃、

    教室周辺では、金木犀の花が、満開!!

    特に駅南口には、金木犀の木が多く、

    甘〜い香りが辺りにふんわりハート

     

    毎朝、通勤途中、その香りに包まれ、シアワセな私ニコッ

    前にも書いたと思いますが、

    このような自然の香りを、いい香りと感じられるような感性を

    持ち続けたいものですねゆう★

     

     

    ところで、香りと言えば、

    『嗅覚を鍛えると、頭がよくなる』

    というようなことを聞いた気がするのですが、本当なんでしょうか?

     

    ここは、Keiko先生にうかがってみましょう♪

     

    「は〜いニコッ 嗅覚の話ですね。

    嗅覚鼻というのは、五感の1つです。(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)

    嗅覚は、他の感覚と情報伝達経路が違うんです。

     

    嗅覚は五感の中で唯一、大脳新皮質を経由せず、嗅神経を通して、大脳辺縁系とダイレクトにつながっているんですね。

    大脳辺縁系は、感情や本能行動を司る部位で、いわば原始的な脳、古い脳とも言える場所です。

    “右脳の力”は、この大脳辺縁系が本来持っていた能力とも重なります。

     

    脳の中で、においを伝達する入り口は、

    記憶を司る部分ととても近いので、

    においと記憶はつながりやすく、しかも強く結びつくリボンということができます。

     

    産まれて間もない赤ちゃんあかちゃんでさえ、においで母親を探し当てることができるんですよ。

     

    ですから、何かを記憶するとき、何かのにおいを嗅ぎながらくんくん記憶すると、

    そのにおいを再び嗅いだとき、その記憶がよみがえりやすいということが言えます。

     

    集中力や記憶力を高めるには、

    ローズマリーやレモンなどのアロマオイルがよいと言われています。

     

    とあるTV番組で、

    香りの力で記憶力が変化するかという実験を行ったところ、その正解度は10%もUPしたそうですよすごい

     

    これからは、勉強するときは、アロマを焚いてみてはいかが?

    香り付き消しゴムけしごむでもいいそうですよニコッ

     

     

    においと記憶には密接な関係があったのですね手

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    EQWELホームページはコチラ

    バナー

    最近の投稿

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    • 言いたいこと、英語で言えるかな?

    リンク

    プロフィール

    書いた記事数:543 最後に更新した日:2020/10/20

    サイト内検索

    その他

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM